避妊の複雑な私の事情!誰にも言えないアイピル通販

アイピルの作用と副作用

アフターピルはもしも避妊をできなったという場合や、強姦にあってしまった時に使うことが可能な緊急用の避妊薬です。
女の人がホルモン薬を利用していくと妊娠を回避できます。
アフターピルはSEXを行ってから丸3日以内、つまり72時間以内に使っていくと効果を発揮してくれるものです。この薬が持っている力は受精卵が子宮内膜にくっつくことを防いだり、排卵のペースを乱すことなどで、これらが合わさって妊娠を回避させるというものです。受精してからでも力を出すこともあるほどの強さを持っています。
一回のセックスで子供を授かる確率は8%から15%だとされています。反対にこの薬を使用することで妊娠をしないで良い可能性は98%だとされております。性行為をしてから丸1日以内、つまり24時間以内に服用するとより力を発揮すると言われているため、出来るだけ早く飲みましょう。
性行為後半日以内に飲んだ場合であれば、60時間~72時間以内に薬を飲んだ人と比較して8倍も妊娠しにくくなっております。
この薬を飲むと消退出血と呼ばれるものが起こってしまう可能性が存在します。それは分泌されていたホルモンが急激に減ってしまうので起こるものです。この薬を服用してから数日から数週間以内にこの症状が起こるとされております。起こったら避妊が上手く言ったというサインにもなるとされております。

この薬で現在確認出来ている副作用をまとめておきます。
1つめの副作用が吐き気です。ただしこの薬にはノルレボ錠とプラノバール錠の二種類あるのですが、この症状が出やすいものはプラノバール錠のものとなっていて、ノルレボ錠の場合は吐き気が見られることはあまりありません。処方してもらう場合は吐き気防止の薬も一緒に処方されることが増えています。
二つ目は嘔吐です。プラノバール錠の場合は薬を使ってから数時間以内に吐いてしまうと、また飲む必要があります。ですが吐いてしまった後にまた飲んでも、さらに吐いてしまう場合があるため、出来るだけ気持ち悪くなっても吐かないで我慢してください。この症状もノルレボ錠の場合はほとんどないとされています。三つ目は頭痛です。服用した人の20%に見られるものでありますが、酷い状態になってしまうことはあまりなくて、1日以上続くことはないです。
この避妊薬は薬局などで売られていないため、処方されるか個人輸入を利用して購入する必要があります。急いでいる時であれば処方してもらわないといけませんが、個人輸入を使った方が安く購入できるケースがほとんどです。それは処方してもらう場所によって値段が異なってくるからです。いくらになるのか行ってみるまで不明だというのは不安ではないかと思います。そのため出来るだけ先に個人輸入を利用して購入しておくことをおすすめします。

メニュー