避妊の複雑な私の事情!誰にも言えないアイピル通販

避妊薬のジェネリックの利点

緊急避妊薬、いわゆるアフターピルの作用は、大量の女性ホルモンを一時的に摂取することにでホルモンバランスを乱し、子宮内膜を剥がすことによって受精卵の着床を阻止します。
有効成分のレボノルゲストレルとは黄体ホルモンと呼ばれる人口的に作られた女性ホルモンです。

副作用としては、吐き気や、むくみ、めまい、下腹部痛などがあります、また、ピルには血液を固めて血栓を作る作用があるために、心臓や循環器系に負担がかかります。喫煙者や高血圧症の方は避妊薬の使用を控えた方がよいとされているのはこのためです。
服用をしてから、5日から2週間ほど後に生理のように出血しますが、このような出血があった場合は避妊が成功していると言えます。これは子宮内膜がレボノルゲストレルの効果で強制的に剥がされたための症状であるからです。

病院でアフターピルを処方してもらうと、日本では保険の適用外となり自費となるため1錠あたりにして15000~20000円程と大変高額になります。

しかし安価なジェネリック薬品も存在しています。
日本では2011年に緊急避妊薬の新薬として認可されたノルレボが有名ですが、海外のジェネリックで有名なものとしては、インドはマハーラーシュトラ州、ムンバイに本社を置くジェネリック医薬品の筆頭メーカーであるシプラ社が製造するアイピルでしょうか。
このアイピルは個人輸入代行サイトなどからで1錠で1000円前後で購入できるので、お守り代わりとしても非常にお勧めで、アイピルもまた、日本を含む世界中で愛用されているのです。
アフターピルは通常のピルと違い身体への負担も小さくないので、なるべく緊急用とし、通常は低用量ピルなどを使用した計画性のある避妊が望ましいものです。
しかしパートナーが避妊に非協力的であったり、コンドームが破れてしまったり外れてしまった、不幸にもレイプなどの被害者になってしまった場合など、望んでいない妊娠の可能性に不安になることもあると思います。
そんなときに最も頼りされているのもアフターピルでしょう。

メニュー